調剤薬局で仕事をすると、どんなスキルが身につくか?

薬剤師の仕事先は病院の薬局や調剤薬局・ドラッグストアなど多方面に わたっています。ここでは調剤薬局で仕事をするとどんなスキルが身に つくとか、どういったスキルが必要なのかを説明しようと思います。

私が現在仕事をしているのは小さい保険調剤薬局で医師が出す処方箋の 調剤がメインになります。 しかしながら、処方箋を調剤するのみならず患者様とさまざまな話を して必要な情報を聞き出すカウンセリング能力が薬剤師には必要とされます。

私は学生時代の友達からも<お笑い芸人候補>と絶賛してくれたほど、 人を笑わせるコミュニケーション能力に長けているのです。 ちょっとご機嫌斜めの怖い顔をした男性が来ても、すぐに親しくなって 気軽に話せるようになるという抜群のスキルを持っているので仕事が とてもしやすいです。

調剤薬局での薬剤師の仕事は、<責任を持って薬のスペシャリストと して患者様と接する業務>だと思っています。 将来的に薬局を開業したいと思っているならば、薬局で仕事をする ことがスキルアップに繋がるので理想的です。

特に <大手の調剤薬局チェーン店で仕事をすることで、とても勉強になる> という話も良く耳にします。 大手の調剤薬局チェーン店の場合は、小さな調剤薬局と比較して <なあなあの緩い雰囲気>は許されません。

社会人として基本的な常識やマナーや厳しさを学び取り自分磨きが できると言われています。レセプトの知識だとか数値管理のスキルは磨かれ、 監査がしっかり行われるので薬局を自分で経営する場合に、何をどこまで 管理しなければならないことが自然と身につくでしょう。

以上、調剤薬局で仕事をすると<どんなスキルが身につく>とか、 <どういったスキルが必要なのか>を説明しました。 近頃では男性薬剤師でも調剤薬局で活躍している姿をみかけることが 多いです。<薬剤師として家族を一生養って行きたい>という意欲を 持っている男性は、独立して薬局を運営するという目標を持つことも 良いと思います。

メニュー

ページの先頭へ