病院内薬局の薬剤師の仕事について

病院内薬局の薬剤師は、総合病院などの病院内にある薬剤室で仕事をします。 以前は、外来の患者さんと入院している患者さんに薬を用意していましたが、 最近は、外来の患者さんは病院外の調剤薬局で薬を受け取るので、 病院内薬局の薬剤師の主な仕事は、入院している患者さんの薬を準備する ことに変わってきています。

総合病院には、たくさんの診療科目があり、それぞれの病棟に入院して いる患者さんがいるので、1回分ずつの薬を毎日準備します。 また、準備するだけでなく、患者さんのところに出向いて、薬の飲み方や 副作用、注意しなければならないことなど、詳しく説明を行います。

医師に対しても、患者さんに合わせた薬の処方の仕方を提案したり、 新薬の説明をしたりします。 処方される可能性がある薬の種類は、膨大なものになりますが、 医療事故が起こらないように、常に管理を行い、不足分の発注や検品も 薬剤師の仕事になります。

患者さんに処方する薬のほかに、点滴や注射の管理も薬剤師が行います。 必要な数を病棟や外来の診察室に運ぶ手配も行います。 総合病院や入院している患者の人数が多い病院では、毎日、医薬品と 向き合い、追いかけられるように仕事をしなければなりません。

通常の仕事のほかに、緊急救命や夜間救急を実施している病院では 夜勤の当直もあります。 病院内の薬剤師は、患者さん向けの仕事ばかりでなく、製薬会社や医薬品 の商社の案内や商談もしなければならない場合もあります。

総合病院なら、たくさんの薬剤師がいるので、役割が細分化されている 場合がありますが、基本的には、24時間体制なので、どのような役割を 任されても、対応できるようにしておいた方がよいでしょう。

病院内の薬局は、とても大変でフルタイムで働いている人が多いように 感じられますが、パートで日中だけ働いている薬剤師もいます。 薬剤師は、全体的に人材が不足しているので、ブランクがあっても 病院内薬局で働くことは可能です。

メニュー

ページの先頭へ