高度な知識を活かして病院薬剤師へ転職

国家資格である薬剤師は、豊富な専門知識を持つ薬のプロです。単独では効果の高い薬であっても、複数を組み合わせることで思わぬ副作用を起こすこともあります。このような副作用の危険から患者を守ることも、薬を良く知る薬剤師の大切な役割の一つです。

医師の処方箋に従って薬を用意することは、薬剤師の大切な仕事です。以前は病院で診察が終わると、院内の窓口で薬を受け取っていました。現在では、ほとんどの病院で独立した調剤薬局に患者が処方箋を持参して、薬を受け取るシステムを採用しています。

病院の薬剤師は人気があるのですが、院内に薬局を置いている病院が減少しているため、求人自体が少なくなっているのが現状です。そういった状況にありながら、「専門薬剤師」の存在は重要視され、ニーズが高まっています。

「専門薬剤師」とは、癌や感染症など特定の疾病に特化した専門知識を持つ薬剤師のことで、病院内で医師や看護師たちと共に、医療チームの一員として仕事をします。病院への転職を希望する場合、薬剤師のスキルに加えて、専門薬剤師の認定を受けると良いでしょう。

「専門薬剤師」になるには、まずは領域別認定薬剤師として、専門領域における薬物治療の能力を認定されなければなりません。領域別認定薬剤師の資格は、各専門領域における実務経験と、一定期間の研修・講習を修めてから受験し、合格後に認定されるものです。

さらに、その専門領域での実績が考慮され、はじめて「専門薬剤師」として認定されます。また、日々進歩する医学、医療現場に遅れをとらないよう、専門薬剤師は5年毎の更新制になっています。病院の薬剤師は求人数が少ないため、自分で転職先を探すのは難しく、例え見つかったとしても、競争率が非常に高いことが予想されます。

薬剤師に特化した求人サイトであれば、情報量が格段に多く、非公開求人情報も扱っています。こういったサイトを利用すると、優先的に応募することが出来ますので、希望の職場が見つかる可能性は確実にアップします。

メニュー

ページの先頭へ