准看護師の求人先が限られているって本当?

女性の場合、結婚や出産、家族の介護などによって、仕事を辞めて数年、専業主婦や介護に専念する人もいるでしょう。 ですが、子どもの成長がひと段落したり、介護の必要がなくなったりすると、もう一度、薬剤師として仕事をしようと考えることもあるでしょう。

ブランクがあると、仕事を再開して十分な仕事ができるか、心配になります。また、医療や薬学も日々、進歩し続けているので、最新の情報についていけるか、ということも不安な点と言えます。

不安や心配を取り除くために、薬剤師を対象にした支援サービスや、公益法人などが行っている研修会に参加すると、不安や心配が解消されるでしょう。 研修制度の中には、日本薬剤師研修センターが実施している研修認定薬剤師制度があり、薬学に関わるレポートを提出して、内容が認められれば、「研修認定薬剤師」の証書が受け取れます。

知識だけでは心配というなら、研修センターや学会などで実施している 実習研修もあります。実習研修では、医薬品の実験や薬局の製剤などが あるので、自分に必要だと思われる研修に参加するとよいでしょう。

一度、仕事から離れてしまうと、薬剤師に関することからまったく離れて しまう場合があります。育児や家事、介護などに時間がとられ、自分の時間など取れないこともありますが、少しでも将来、復職する可能性があるなら、薬剤師に関する情報などから、まったく離れてしまわないようにしておくことが大切です。

薬剤師の不足は、地域によって異なりますが、常に募集しているところも あり、ブランクが長くても復職できる可能性があります。 改めて、自分で再就職先を探すのが大変な場合は、薬剤師を専門にしている 人材派遣・紹介会社に登録をしておくと、希望の職場が見つかる可能性が 高くなります。

また、再就職を支援するサービスやインターネット情報を活用して、 探す方法もあります。
一度、仕事から離れてしまうと、復職することに不安や心配があっても、 働ける条件や希望がはっきりしていれば、長いブランクがあっても再就職も 可能でしょう。

メニュー

ページの先頭へ